虫歯の予防をしようと考えている際、虫歯になりやすい場所を予め知っておけば、そこの部分の歯磨きを丁寧に行ったりと、事前に虫歯を予防できたり、銀座での虫歯治療も大したものではなくなります。具体的にはどういった場所が多いのでしょうかなりやすいランキング順にご紹介します。

虫歯になりやすい場所

1.歯と歯の間
虫歯の90%は歯と歯の間にできてしまいます。
歯と歯の間は、隙間が狭く、歯ブラシで磨いた気になっている人も多いと思いますが、実際は歯ブラシの毛先でも汚れを取れません。
それを放置していると、歯と歯の間が黒くなり虫歯となってしまいます。
隙間をキレイにする方法としてはデンタルフロスや歯間ブラシを使うと良いでしょう。
食べ物の残り粕をキレイにすることで、虫歯治療だけではなく、口臭効果も期待でき評判です。

2.奥歯
奥歯は前歯より虫歯になりやすく、奥歯には四角い溝などが多くあります。
溝には食べかすなど汚れが溜まりやすく、また、歯ブラシでも磨きづらい為、虫歯になりやすくなっています。
また、歯の奥の方は酸素が薄く、虫歯菌も繁殖しやすく、特に奥歯の上は、虫歯予防にもなる唾液が下の方に流れ出る為、注意が必要です。

3.金属と歯の間
大人の方に多いのですが、金属を入れて治療した後だから虫歯にならないと思ってる人もいるかもしれません。
詰め物と歯の間には小さな隙間があり、そこから細菌がたまりやすく、金属には虫歯の菌もつきやすいので、虫歯になりやすく、放っておくと歯の神経まで広がり、神経を取らないといけない時もあります。
一度虫歯治療した所から虫歯になるケースは大変多く、普段の歯磨きに気を付け、仮に虫歯でも早期の段階で治療できるよう銀座の歯医者などで定期的な検診も行うと良いでしょう。

虫歯
評判の歯科とは
ページの先頭に戻る