歯の知識だけではなく、虫歯にならない為にも、虫歯の知識があるだけでも、予防や進行状況を抑えることができます。

当コンテンツで虫歯の基礎知識についても学んでいきましょう。

虫歯の進行の仕方

虫歯を予防する為に、歯磨きなどの対策を行っていると思いますが、初期段階の虫歯というのは、中々気づかず、気付いたら痛みが出てきて、その頃には治療が大変ということも少なくありません。
虫歯がどのように進んでいくのか紹介します。

よく学校の歯科検診で歯医者さんがC1やC2など暗号のように言っていることを、覚えている方も多いと思います。
この暗号こそが虫歯の進行状況を意味するものなのです。
具体的には5つの種類で表されます。

C0 要注意
虫歯菌の出す酸の影響で、歯の表面がエナメル質という歯の白色半透明の硬い部分が白く濁っている状態です。
虫歯ではないですが、初期症状が現れる前の段階で、痛みはなく、治療の必要はいりませんが、きちんと歯磨きをし続けないと虫歯になる可能性があります。

C1 初期の虫歯

歯の表面のエナメル質の内側に細菌が入り、小さな穴が開いてしまう状態です。
穴が開いた部分が茶色っぽくなります。
表面の部分だけの小さな虫歯の状態で、冷たいものが歯にしみることはありますが、痛みはありません。
穴が開いてしまっていて、再石灰化ができない為、歯磨きで治ることはありません。 C2 虫歯の中期状態

細菌がエナメル質の奥にある象牙質まで入ってきてしまった状態です。
象牙質はエナメル質と比べてやわらかいので、この状態の虫歯は中で大きくなり虫歯の進行が早くなります。
歯の神経に近い所まで虫歯が進行しているので、冷たいものや熱いものや風などの刺激でもしみるようになります。

C3 虫歯の後期状態

細菌が象牙質のさらに奥にある歯髄の神経まで進入してきてしまった状態です。
この状態では、歯髄で炎症が起きてしまうため、激しい痛みが続きます。
熱い食べ物や飲み物がしみ、ズキズキ痛む歯髄炎という状態になり、何もしなくても痛む場合もあります。
歯を中心に口全体が痛みを伴うこともあります。

C4 虫歯の末期状態

虫歯が進行し過ぎて、歯冠部がほとんどなくなり、歯の根っ子だけが残る状態です。
歯髄炎での痛みを通り越して痛みを感じなくなりますが決して治ったわけではありません。
これは歯の神経が死んでしまって痛みを感じないからです。
さらに放置すると、根に膿みができ、激しい痛みを感じるようになります。
ここまで来ると治療はできず、歯を抜く必要があります。

C0、遅くともC1の状態になるまでに、自分で気付き、口コミやランキングサイトなどを活用して、歯医者に行くことをお勧めします。
銀座ではランキングでも上位の歯科がたくさんあります。

虫歯

妊娠中の虫歯治療

妊娠中に歯が痛くなったり、虫歯ができたと判明したらどうすればいいのでしょうか。ここでは、妊婦の虫歯治療に関してご紹介します。

まず、妊娠したと判明した時に歯医者で定期健診をすることをオススメします。
なぜなら、出産後は、育児で精一杯なので、出産前に虫歯や歯周病などを治せれば、虫歯の進行も大きくならずに治療することができます。
虫歯治療自体は妊娠中でも問題ありません。中には、レントゲンや麻酔が胎児に悪影響を及ぼすと心配だという口コミもありますが大丈夫です。
ただ、胎児が大きくなると治療が大変になるとことも多いので、妊娠の初期の段階で治療すると良いでしょう。
また、妊娠している時はホルモンバランスの乱れによって、だ液の質が悪くなったり、つわりによっても虫歯になりやすくなることを覚えておき、虫歯にならないように心がけましょう。
銀座には、妊婦にも優しい評価の良い歯科が多くあるので、色々調べてみてはいかがでしょうか。


評判の歯科とは
ページの先頭に戻る