あなたは歯や口の中について、どの程度の知識を持っていますか?
また、あなたの持っている知識は、本当に正しいものですか?

当コンテンツでは、歯科についての基礎的な知識をまとめてみました。

歯の構造や、歯の働き、ちょっと気になる悩みの原因など、知っていそうで意外と知らなかった情報を数多く掲載しています。

他のコンテンツと併せて読むことで、より知識が深まる情報ばかりですので、ぜひ基礎講座を学び、歯についての正しい知識を身に着けてみて下さい。

歯の構造

実は、歯は様々な構造から成り立っているということをご存知でしょうか。
神経(歯髄)を囲うように、象牙質とエナメル質、セメント質があり、それらが歯を構造しているのです。

エナメル質とは、歯の一番外側にある、体の中で最も硬い組織です。
象牙質とは、エナメル質とセメント質の内側にあり、骨と同じくらいの硬さをした組織です。
セメント質とは、歯根の表面を覆っている組織で、骨に似た薄い組織です。

それらに囲まれた歯髄が、いわゆる「神経」です。
虫歯などになった際、歯髄まで達していると抜歯などの痛みを生じる治療になる場合があります。

歯の構造

歯の働き

実は、歯はただ食べる為の部位ではありません。

まず、私たちが言葉を発する際、発音を助けるという役割があります。
上の前歯が抜けるとサ行が、奥歯が抜けるとハ行・ラ行が発音しにくくなります。

次に、顔の形を整えるという役割があります。
歯並びの素敵な人は笑顔も素敵という印象がありますが、間違ってはいないということですね。

そして、健康を助けるという役割。
かみ合わせが悪いと、姿勢の悪さや頭痛、腰痛などを引き起こす原因にもなります。
歯周病などを放置しておくと、様々な病気を引き起こす原因になります。
そのため、歯は大切にしなければいけないのです。

歯の働き

ブラキシズムに要注意

就寝中の歯ぎしりに、あなたは気づいていますか?
実は、歯ぎしりの自覚があるという人はほとんどいません。

睡眠中などに無意識に起こる、歯ぎしりなどの口腔習慣を「ブラキシズム」といいます。

ブラキシズムは、頭痛や、顎関節症などを引き起こす原因にもなります。
治療法としては、まず自覚するということ。
それから、かみ合わせの治療や、ナイトガードというマウスピースの装着などがあります。

ただし、ストレスが原因の場合はストレスフリーな生活を心がけ、必要であれば心療内科を受診しましょう。

ブラキシズムに要注意
評判の歯科とは
ページの先頭に戻る