「歯の健康」のためにできること ‐3つのポイント‐

point1 早めの受診異変に気が付いたらすぐに診察を!病気を未然に防ぎましょう。

「ちょっと歯が痛い気がする」
「なんだか最近冷たいものがしみる」

このような変化が起きた時、あなたはすぐに歯科へ受診していますか?

一見些細な変化かもしれませんが、「まだ大丈夫」と放置してしまうと、大きな病気につながる可能性もあります。
例えば虫歯で、初期段階では少し削る程度で済むくらいの症状だったにも関わらず、放置したことにより悪化し、抜歯しなくてはならない羽目に……というのもよく耳にするでしょう。
もしかしたら、あなたにも経験があるかもしれません。

症状が悪化してしまえば、その分治療に掛かる時間も、費用も大きく増えてしまいます。
些細な変化でも、気づいた時点で早めに歯科へ治療しましょう。


point2 最先端の歯科医療治療の選択をするなら、最先端の歯科医療を選びましょう。

最先端の歯科医療とは、何も技術面だけではありません。
歯科医が患者さん一人一人に対し、高い技術力と信頼・愛情を持った診療を行うことが重要です。
治療後に「行ってよかった」「お願いしてよかった」と笑顔になれるような、そんな歯科医療が、ある意味で「最先端」の歯科医療なのではないでしょうか。

例えば診察室が個室であるなどの患者さんがリラックスできる空間づくりも、最先端歯科医療の一つです。
通いやすい、落ち着いた空間で治療を行うことで、些細な不安も残すことなく治療します。

また、カウンセリングルームを設置しているなどの配慮も、最先端の歯科医療と言えるでしょう。
気になっている悩みを打ち明ける歯科だからこそ、最先端の歯科医療を選択することが重要です。


point3 予防と定期健診良い状態を保つには、虫歯の予防と定期健診をしっかり行いましょう。

虫歯を綺麗に治したところで、その後のケアを怠ってしまっては意味がありません。
適切なケアをしない場合、治療した箇所への再発や、新たな虫歯が出来るなどの問題があります。

そういった事態を避ける為にも、しっかりと予防を行い、定期的な歯科検診を受けることをおすすめします。

予防としては、まず第一に口の中を清潔に保つこと。
毎食後と就寝前の歯磨きを忘れずに行うことが重要です。

就寝前にはなるべくものを食べないということも予防の手段の一つ。
虫歯予防のために、フッ素配合の歯磨き粉が有効だというのも有名ですね。

これらの自宅で出来る虫歯予防と歯科での定期健診を組み合わせることで、より強力に虫歯予防が可能となります。


評判の歯科とは
ページの先頭に戻る