虫歯や歯周病、口臭など、全ての原因は、歯磨きをしっかり行うことで、全て予防することができます。ここでは、歯磨きについての知識をご紹介します

歯磨きの効果

歯垢は、歯の表面にくっ付いていたり、歯と歯の間に溜まってしまうので、歯ブラシやデンタルフロスを使わないと落とすことができません。白い色をしているので、目立つ訳ではありませんが、歯をこすってみると歯垢がついてるかすぐわかります。
歯垢がたまると、虫歯や歯周病の原因になってしまい、歯垢がたまりすぎてしまうと自分では取り除くことができず歯科に行って歯医者にやってもらう必要があります。

歯を磨いている際に、歯肉が赤く腫れ、出血が起きることもあると思います。これは、歯茎のところについた歯垢が原因です。優しく丁寧に歯と歯茎の間をしっかり磨くことで、徐々に歯肉の腫れもひき、歯肉がしっかりし、出血も減っていきます。
ただ、放置をしていると、歯肉炎から歯周病の原因にも繋がります。
虫歯の原因は様々ありますが、その中でも多いのが歯垢の細菌が原因で、虫歯になるケースが多いです。

歯周病は歯と歯肉の間から歯垢の細菌が広がり引き起こされます。
予防法としては、歯と歯肉の境目を重点的に歯磨きをすることで、細菌を減らすことです。

毎日の歯磨きをきちんとすることで、歯周病と虫歯のリスクを軽減することができます。繰り返し行なうことにより自然と正しい歯磨きができる習慣を身に付けましょう。
また、定期的に歯科に行き歯医者さんに歯をみてもらい、虫歯の予防や、クリーニングをしてもらうのも良いでしょう。
銀座には口コミでも評判の良い歯医者があるので、検討してみてはいかがでしょうか。

虫歯

正しい歯磨きのポイント

口コミで評判の歯科の歯医者も言っていますが、正しい歯磨きのポイントとして、まず歯垢を残さないことが大切です。
歯と歯の間、歯と歯茎の境目などは、歯垢がつきやすく虫歯にもなりやすいです。
歯ブラシは毛先を上手く使って届かせるように意識して歯磨きしましょう。全体でゴシゴシ磨いても効果は低いです。

食後は、細菌が糖を使って酸を出すため、歯の表面は酸性状態となり、カルシウムなどが溶け出してしまい、虫歯になりやすくなります。
食べたらすぐ、少なくとも30分以内に歯を磨きましょう。

また、睡眠中は唾液の分泌量が減り、口の中は細菌が繁殖しやすくなり酸性状態となり虫歯になりやすいので、寝る前は特にていねいに歯を磨きましょう。


歯の磨き方のコツ

まず歯ブラシの持ち方ですが、3本の指を使って鉛筆で書くように持ちましょう。
手全体で歯ブラシも持って磨くと、余計な力が入り、効率の良い歯ブラシができなくなってしまいます。

歯の一本一本をキレに磨いていくためには、鏡をみながら、歯の先端部分で、20回以上磨くことをオススメしています。
ポイントとしては、歯の外側は歯に対して90度の角度で歯ブラシをあて、内側の場合は歯に対して45度の角度で当てましょう。
毛先を歯の面にあてて、小刻みに磨いていくと良いでしょう。
歯磨きでも汚れを取りづらい所は、デンタルフロスや歯間ブラシを使用すると良いでしょう。

銀座でも虫歯予防の為に歯磨きの指導を行っている歯医者も多くあるので、 定期健診と一緒に歯の磨き方も教えてもらっても良いでしょう。


評判の歯科とは
ページの先頭に戻る