歯科や歯医者について、よくある質問を集めました。

歯医者へ行く前に予備知識をつけ、ランキング等と合わせて歯科医院選びにご活用下さい。
なお、掲載していない質問に関しては、実際に歯科医師へお尋ねください。

仮詰めがとれてしまいました。
仮詰を取れたまま放置することは、虫歯を放置することと同じです。放置することにより、【虫歯が進行する】【治療期間が長くなる】等のリスクが発生する場合がございますので、可能な限り早くかかりつけの歯医者で治療を行ってください。歯医者へ治療に行く際は、取れてしまった仮詰は捨てずに持っていってください。多少調整するだけで、仮詰はつけ直すことが可能です。
歯の神経を残しておいた方がいい理由はなんでしょうか?
歯には治癒力があり、多少の虫歯なら直そうと虫歯に働きかけます。ですが神経がなくなると、歯が死んでしまった状態となりますので、象牙質がもろくなり歯牙の破折が起こる可能性がございます。また歯の変色を起こす原因ともなりますので、可能な限り歯の神経は残して治療した方が良いです。虫歯の進行状況によって、神経を残せない場合もございますので、その際は歯科医師にご相談ください。
歯周病とは何ですか?
歯を取り巻く歯肉と歯槽骨が歯周病菌によって炎症を起こす感染症です。歯肉が腫れたり、出血したり、最終的には歯がぐらぐらになり、抜けてしまします。日本人の成人の約80%が歯周病にかかっているといわれている病気です。初期段階ではほとんど自覚症状が無く進行し、末期にならないと痛みや腫れの症状がでないのが最大の特徴です。歯周病にならないためには、歯を常に清潔な状態に保つことが大切です。
虫歯が全身の病気につながるって本当ですか?
虫歯や歯周病は細菌感染症のため、口の中だけでなく全身の病気に深い関わりをもっています。神経が死んでしまった状態の歯から虫歯菌が血管をとおり、心臓病や腎臓病などの病気の発症や進行に大きな影響を与えることが分かっています。
親知らずは抜いたほうがいいですか?
親知らずは必ずしも抜く必要はありませんので、ケースバイケースです。顎の大きさも十分にあり、まっすぐ生えてきていれば無理に抜く必要はありません。ただこういうケースはまれで、多くは、斜めや横を向いて生えてきて、かみ合わせ等に悪影響を与えます。また親知らずは一番奥にあるので、歯ブラシでケアしにくい部分があり、虫歯になる恐れもあるため、ケアできないときは抜くことも考えた方が良いでしょう。
評判の歯科とは
ページの先頭に戻る