より良い歯科選び良い歯科で良い治療を受ける為に

あなたは歯科について、
どのくらいの知識がありますか?
歯科とは、一般的に口の中のトラブルを解決する診療科の事を指します。
「虫歯が出来た」「歯が欠けてしまった」などのトラブルが起きた際、あなたはどういった歯科に掛かりますか?

大抵の人は、「家から近い」「昔から家族がお世話になっている」など、何かしら自分になじみのある歯科を選んでいるかと思います。では、本当にそのような選び方で良いのでしょうか?

当コンテンツでは、歯科についての知識を深めて頂くと共に、
より良い歯科の選び方をアドバイスいたします。

あなたは歯科について、どのくらいの知識がありますか?

歯の健康の為には?良い歯科を見つける

健康な歯を維持する為の、ポイントをご紹介します。
歯科を開業するためには、歯科医師免許が必要となります。そのため、歯医者は医師とはまた違う、歯の専門家です。どの歯科も知識を深めた歯科医が開業していることに違いはないのですが、当然ながら歯科医も人間ですので、腕の差が生じてきます。

口の中のトラブルは、放置しておくと口の中だけではなく、体中のトラブルを引き起こす原因にもなりうるのです。そういったトラブルを未然に防ぐためには腕の良い歯科を見つけ、より良い治療を受ける必要があります。

では、良い歯科とは具体的にどのような歯科を指すのでしょうか。

歯の健康の為には?良い歯科を見つける

良い歯科とは?評判がいい歯科

良い歯科とは、つまり「評判がいい歯科」と言えるでしょう。

歯医者の口コミなどを調べていると、
「●●歯科の先生は痛くない治療をしてくれる」
「△△歯科はスタッフがとても丁寧で安心感がある」
「■■歯科は院内がとても清潔感があり、最新の設備があった」
など、良い歯科には決まって何かしらの良い評判が出ているのです。

では、そういった評判の中で、重視すべきポイントとは一体どのような点なのでしょうか。

4つの項目でご紹介したいと思います。

歯の健康の為には?良い歯科を見つける
評判の歯科医院
  • point1

    信頼できる歯医者

    歯科治療において、患者と歯科医の間の「信頼」は絶対条件と考えられます。

    どんなに口コミでの評価が高くても、実際の歯科医を見て、患者自身が「この人は不安だ」と思ってしまえば、心から満足のゆく治療は受けられません。

    金額や良い治療だけを重視している歯科医ではなく、カウンセリングを徹底し、時間を掛けた治療を行っている歯科医を選びましょう。

  • point2

    スタッフの対応

    信頼のできる歯医者というのは、スタッフの対応も重要です。

    どんなに歯科医の腕が良くともスタッフの対応が悪いと、「次はもう来たくないな」と思ってしまうものです。
    逆に歯科医とスタッフが優秀であれば、「次も来よう」という気持ちになりますね。

    通い続けられる良い歯科を選ぶためには、歯科医だけではなく、スタッフの対応にも注目してみましょう。

  • point3

    インフォームドコンセントを重視している

    昨今の医療において最も重視されているとも言えるのが、インフォームドコンセントです。
    患者が医師からの説明をしっかりと受け、同意した上で治療を受けるという「意思表示」になります。

    歯科には虫歯などの保険適応治療のほか、矯正など保険適応外の高額な治療もあります。
    満足のいく治療を受ける為にも、インフォームドコンセントを重視した歯科を選びましょう。

  • point4

    ホスピタリティマインドが豊か

    他の3つを総称したものが、いわゆる「ホスピタリティマインド」です。

    歯科側が提供するサービスに対し、サービスの質を高めるための考え方のことを言い、「患者さんにいかに満足してもらえるか」という、「おもてなし」の精神を重要視しているということになります。

    心から満足のいく治療を受ける為には、ホスピタリティマインドが豊かな歯科を選びましょう。


ずっと自分の歯でいるためには…

80歳以上の方で、全て自分の歯でいられるのはわずか、統計的に80歳のころに残っている歯は6本から7本だけです。80歳でも20本すべて自分の歯でいようという、「8020運動」という活動があります。
歯はものを食べるだけのものではないと知っていましたか?歯は感度の良いセンサーとして情報を脳や体の各部分へ伝えます。歯がとても重要な役割を担っていることに気付かずに過ごしてしまいます。
老化だから歯が抜ける、という認識は間違っています。歯は一つ一つがそれぞれ別の役割があり、歯全てで一つの仕事をします。それが1本でも抜けてしまえば他が補おうとして、結果歯に負担をかけてしまい、他の歯を傷めてしまうのです。
現在日本では50歳でも総入れ歯だという人の割合が多くなっています。自分の歯でいることと入れ歯では驚くほど勝手が違います。入れ歯になってしまう前に口コミで評判の良い歯科に相談しましょう。銀座には多くの口コミの良い歯科があります。

ページの先頭に戻る